バカ社長奮闘記
代表取締役で36歳、169cm-7○kg? ※不定期更新です。
プロフィール

佐々木 司

Author:佐々木 司
お初にお目に掛かります!!
ササキ興業管理人のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型免許支援制度。
 おはようございます。


 本日は大型免許所得についてお話しましょう。
DSCN0023.jpg




 都道府県によっても違いはあるかもしれませんが、以前は山口総合交通センターで現在の中型車輌を運転して実地試験を受け、合格すれば大型免許の取得ができておりました。



 しかし、中型免許制度が現れ、自動車学校では大型車輌での教習のため大型車輌を導入、その大型車輌が走行できるように場内施設の道路幅を広げたりと様々な設備投資が増え、今までは大型免許取得可能だった自動車学校も断念せざるを得ないところも出てきました。それを踏まえ、総合交通センターでの取得が安易であると自動車学校離れが加速することも理由の一つと考えられ、総合交通センターでの取得が難しくなりました。

 難しくなった原因は、今までの総合交通センター場内での実地試験が仮免許合格という位置づけになり、その後大型車輌と大型免許取得3年以上の者を自身で用意して、その経験者を同乗させ5回ほど路上教習を行い、その経験者が検印した用紙を再度総合交通センターへ持参、それから一般公道での実地試験合格の後、大型免許取得という流れになってしまったのです。



 しかも、自動車学校では中型免許を取得、その後に大型免許を取得することが条件となり、金銭的にも負担が大きく、取得者が減少、物流業界はそういったことで打撃を受けているのも事実です。法律的には普通免許を取得して3年以上経過した者は大型免許を取得しても何ら問題はないのですが、自動車学校も設備投資した分を回収しなければならず、そういった状況を生んだものと考えられます。



 そこで私達はそういった大型免許資格取得をお手伝いできないかを考えております。例えば、大型車輌と大型免許資格保持者の提供などです。
 今は計画段階ですので、今後決まり次第HPで公表いたします。
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sasakikogyo.blog86.fc2.com/tb.php/1338-6ec5f264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。