バカ社長奮闘記
代表取締役で36歳、169cm-7○kg? ※不定期更新です。
プロフィール

佐々木 司

Author:佐々木 司
お初にお目に掛かります!!
ササキ興業管理人のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かる仕組みを作る。
 おはようございます。


 昨日、日経新聞を見ているとこんな記事を見つけました。・・・誰ですか?日経なんて見るんだとつぶやいている人は(汗)。そんなもんはツイッターでつぶやいてください。


・・・その時!事件は起こったのであった!

 今日未明、山口県の盛大運輸にてSDカード内を整理中にアップ画像が削除される事件がありました。物色された形跡はなく、警察は人見知りの犯行とみて捜査を行っております。

 おっと!ショックを受けていると思っているだろう?しょんべん小僧の画像をアップしてやろうと思ってたとこだぜぇ~!ワイルドだろう!



 さぁ、あまり引きずるとショックを隠せなくなりますので、強がれるうちに話を元に戻しますが、雇用というものについて雇用される側、する側で考えていくべきだという内容だったと思います。例えば、ドラマ 半沢直樹の内容では出向という形がリストラの一環のようなものであり、大企業でもそういった部署があるそうで目的ある業務を与えられず日々を過ごすのだそうです。そういったことになる前から会社へ貢献して行かなければなりません。会社によって貢献の内容は違うでしょうが。じゃなければ「百倍返しだ~!」「倍返しだ~!」と言いながらリストラ部屋で余生を送らなければならないでしょう。




 ちなみに親もそうですが、子供を良い方向へ育てようと思えば、そういった仕組み(環境)を考え、与え育てるということをするべきです。テレビでもそういった番組をやっていますが、仕組みは全体が上手く噛合って初めて機能するものですから、大局で考えるべきでしょう。注意、忠告、助力、助言などもタイミングを考えながら上手く使い分けることです。



 しかし、私の見る限りでは注意というより、制限ばかりを言う親、何か起こりそうなタイミングで手を出す親、失敗をさせたくないばかりに確認しまくる親、子供の聖域にどんどん入る親などがおり、そんな中で子供が上手く育つわけありません。「かわいい子には旅をさせろ。」という諺を知る人が多い中、実践している人は少ないでしょう。



 何事も仕組みを考え、後は手を出さず見守り、その仕組みに問題があれば改善するということを繰り返し行うことです。教育と経営は我慢の連続です!!自分がやった方が早いなんて言って手を出す人に限って成就はしません。その場の体裁は取り繕えるかもしれませんが、長い目で見た時の体裁、同時に他人を育てるということは欠如してしまいます。



 そこで!!家庭・職場・友人関係でのリーダーなど、そこをけん引する役目がある人は仕組みを作ることです。その仕組みが稼働することで褒める、叱る、励ますなどの行為に目的が生まれ、双方に理解が生まれるのです。そのためには納得させるだけの説明ができるかが先ずもって勝負になりますが・・・(汗)。



 盛大に来ると仕事もしながら、そんなことも学べます!私は浅原〇晃以上の尊師的存在だからです!!宗教団体は発足しませんが、崇めよ!!お布施せよ!!百万円以下のお布施は受け付けません。
DSCN0013.jpg

 
 私は何を隠そう!!偉そうに言うだけが専門ですからクレームは受け付けません!!励ましなどのご意見は受け付けます!!嘘です。(^0_0^)どんな意見もおいでませ~!!
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sasakikogyo.blog86.fc2.com/tb.php/1330-89708b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。