バカ社長奮闘記
代表取締役で36歳、169cm-7○kg? ※不定期更新です。
プロフィール

佐々木 司

Author:佐々木 司
お初にお目に掛かります!!
ササキ興業管理人のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログからアメブロへ。
最近、アメブロでの更新ばかりになり
ご無沙汰。


変化も取り入れながら、生きてみよう。そこから何かを学べるかも。( ̄▽ ̄)
スポンサーサイト
格差とはなんぞや?
 おはようございます。



 私にはいまいち分らないことがある。それは「格差があってはならない」ということ。


 さぁ今から屁理屈をこねるとするが、徒競走で全員1位、仕事をサボった人真面目にした人の給与が同じ、東大も山大も同じ偏差値だとすると、何に価値があり、何に努力するべきなのか?


 社会で言っている格差は貧富であるが、言われた仕事だけを行う人と試行錯誤して仕事が上手くいった人と収入・名誉・階級などに格差があってはいけないのだろうか。だったらどんな目的で頑張れと言うのか?これが分からないからバカ社長を続けているわけなのだろうと自分に納得している。


 頭の良い人が考えることは分からない。分かる気も無い。


 いじめもそうだ。腕力のある人、イケイケの人(意味分かるかな?)が自己満足や自己表現のためにやっていることが多いが、明らかに格差のある上の者が下の者に誇示しているだけで、やりたけりゃ、同じ誇示したがっている者同士が競えばいいだけの話。



 私も含め、バカの話は尽きない。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

一体。
 おはようございます。


 苦労や苦難の後には喜びを知らず、目で見え、肌で感じていることにだけ反応してしまい、逃げたり目を背けたりしていることはよくあること。

 
 ただ、それで本当に幸せになった人を私は知らない。


 お手伝いをする子供が「面倒だ」と言いながらお手伝いをして、お小遣いをもらった時の満面の笑み、猛勉強をして合格発表の掲示板を見て胴上げをする姿、どれも苦労の後の喜び。もちろん、その反対もあり、報われないこともある。でもそれは短期的なもので人生の一部でしかない。


 苦労の後には喜び、楽の後には悲しみ、自分が先ずは何を選ぶかによって後のことは決まる。どんなにもがいても一体。


 自分が選んで蒔いた種はその通りの花になる。ならなかったなら、善悪どちらかの肥料を事前に蒔いたのだろう。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

感情は消せないから、考え方や捉え方を変える。
 おはようございます。


 私のファンだということを必死に隠している貴女!!そろそろ楽になった方がいいんじゃないですか?(^o^)

  
 さて、いつも通りに馬鹿なことを言って始まりましたが、今までいろんな人から相談された内容に「感情を出さないようにしたい」と願う人がいますが、それはとても難しく、自分にとっても過酷な方法であり、極論だと思います。


 こういった話を以前テレビで聞いたことがあるのですが、雨上がり決死隊の宮迫さんがダウンタウンの松本さんに言われていたという話で、夫婦喧嘩した時には自宅マンションに設置しているジムへ行くようにしており、そのためにあれだけのマッチョになったそうで、あれだけ通うということはもう離婚寸前なんじゃ?と言ったそうです。


 要は我慢するということなのでしょうが、こういうことに関しては我慢するというより感情をどうコントロールするかということが大事なのです。消す、直すなどより、それを受け入れることを前提で何をしていけば良いのかを考えるべきです。


 自分が納得できない人達を否定しても自分の感情を高ぶらせてしまうだけで、消せるわけでも目の前に現れないようにできる訳でもありません。であれば自分の考え方と言動を変えることで状況は一変するはずです。


 ちょっと一考してみてください。電車が遅れて遅刻した時も「電車が遅れたので遅刻しました。」と言わず、「電車が遅れることを想定できずにギリギリで家を出たために遅れました。」と言ってみましょう。他人の印象も違うでしょうし、自分にも修正することがあることに気付きませんか?この時間に会社に着けば良いと思うのは貴方の勝手で、遅刻しないことが必須だと考えると、きっと何か出来たはずです。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

ただいま、東京!
こんにちは。今、東京です!
池袋駅


新規事業の情報収集と営業所の新設計画を立てるために来ております!


池袋駅周辺


しかし、人が多いです。一方では可能性も多いと感じ、いろんな事に挑戦してみたいと息巻いております。


もう少し東京をじっくり眺めて帰ります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。